不確かなシークェンス

ITネタを中心に,興味のあることをつらつらと整理します.

Hades Canyon NUC買ったった

www.gdm.or.jp
ascii.jp
スペックやレビュー等,詳しくはこっちへ.

6~7年ぶりのPC更新.テンションは上がる.
接地面積はゼロに近づけたい要件が最重要のため,ずっと前から気になっていたNUC,しかもIntelAMDがタッグを組んだ軌跡のコラボ(あるいは鬼子)なこれに手を出してみた.
ファースト・インプレッションは概ね快適,前が第2世代Core(Sandy Bridge)だったので全ての動作がヌルヌル動く.

自分の環境での改善点はいくつか出てきた.楽しい.

f:id:hakase109:20180528065606j:plain
f:id:hakase109:20180528065657j:plain
f:id:hakase109:20180528065702j:plain

この,前カバーを開けてすぐに見えるケーブル.地味に装着し辛いのでなるべく外さないように作業するのがよさそう.
(取説には外せって書いてあるけど,スカルマークを表示するLED付きのプレートを近くに置いて作業すれば困らない.)
f:id:hakase109:20180528070004j:plain

内部はスッキリで,メモリ(×2)とストレージ(.M2×2)を入れるだけ.ストレージの1本は無線LANBluetoothのアダプタの上に被せる形.発熱が心配なので,アダプタの上に被るのはWestern Digitalの方にした.SanDiskのは「3D NAND採用高速NVMe SSD」というものらしく,発熱がスゴいらしい.一応,ストレージの位置にはサーマルパッド的なものが付いている.
f:id:hakase109:20180528065713j:plain
f:id:hakase109:20180528065715j:plain
f:id:hakase109:20180528065719j:plain
f:id:hakase109:20180528065743j:plain

ここから,モニタアームに取付.
既に42.5インチモニタを支えているので,NUC付けると重量ギリギリくらい.
ただ,今回購入したSilver Stoneの「SST-MVA01」では,NUCを正しい向きに装着できないので新しい製品が待たれる.
(あと,重すぎてアームに対して左右方向に取付けると,NUCの重量でモニタが傾く.)

今回は,フロントのUSBポート×2を犠牲にして縦に取付.
(正しい取付方向ではないので自己責任で.)
↓の写真はバックプレートのUP向きが上になっているが,これだとNGだったのでアーム支柱方向に修正した.(写真を取り忘れた.)
フロントポートは,HDMIの下にUSBポート×2があるがこれは使用不可になった.その下のSDカードスロットはギリギリでアクセスできそうだが試していない.
設置位置は今後も継続検討.
f:id:hakase109:20180528065802j:plain
f:id:hakase109:20180528065805j:plain
f:id:hakase109:20180528065808j:plain


■調べること

  1. HDMIの画面スイッチをするとDP側が何故かブラックアウトする.これの改善方法を探す.
  2. 画面スリープから復帰するとDPがブラックアウトする.これの改善方法を探す.(上記と関連か?)
  3. 2画面目のHDMI接続がうまく動かないのでこの原因を探す.ケーブルかHDMIスイッチか.
  4. USB-C⇔HDMI変換.(上記より簡単に解決できそうなら.)

■あとやること(自分用)

  • スペックリスト更新(自作PCとの前後比較)
  • 機器台帳作成(購入店とかシリアルとか値段まとめとこー)
  • NUCをマウントするためのアダプタ探し
  • TVが壊れたタイミングで今のモニタをTV化する.自分は32インチ曲面USB-Cドック付きモニタを買う.
  • せっかくのWindows10なので顔認証デバイスを買う